アルカリイオン水の3つの効果 | その効用とは?!

アルカリイオン水は3つの効果がポイントです。

アルカリイオン水の効果・効用として、胃腸への働きかけがあります。

つまり、腸内環境の改善に期待ができます。主に以下の3つがあります。

 

① 便秘や慢性下痢の症状の改善


現代の女性の2人に1人が便秘であるという報告があります。そして便秘と下痢という症状、なんだか正反対なような気がしますが、どちらも原因は「水分不足」なのです。

ですからアルカリイオン水が大変効果的だと言われ、検証結果でも「アルカリイオン水を飲み続けると便秘の改善に効果がある」ということが証明されています。

 

② 胃腸内の異常発酵の改善


胃腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、このバランスが崩れてしまうと悪玉菌が多くなってしまいます。悪玉菌が多いかどうかの見分け方としては、「便・おなら」の臭いが悪臭であるということです。

この悪玉菌が多くなると、食べたものが胃腸で十分に分解されずに腐敗が起こってしまいます。腐敗によりガスと活性酸素が発生します。この活性酸素をアルカリイオン水が抑えてくれるのです。

 

③ 胃酸過多の改善


食事をすると胃の中で胃酸を分泌することで食べ物を消化してくれます。この胃酸が過多になってしまうと、げっぷ、胸やけ、胃酸の逆流といった症状が現れます。

この胃酸過多になる要因としてはコーヒーやたばこ、辛い物などの刺激が強い物、そしてファーストフードやコンビニの食べ物があげられます。

こういった症状を和らげてくれる働きがアルカリイオン水にはあります。逆に胃酸が少ない場合、アルカリイオン水が胃液分泌腺への刺激を強くしてくれ、正常に胃液が分泌されるようになります。

このほかにも「アルカリイオン水」には高血圧や老化防止、ダイエット効果や骨粗しょう症にも効果があると言われています。

 

アルカリイオン水ってどんな水?

アルカリイオン水とは、アルカリイオン整水器によって電気分解してpH9~10のアルカリ性の水を生成したものです。

健康な人のpHは7.4の弱アルカリ性です。ですので、アルカリイオン水は体内に吸収されやすい水です。

コメントは受け付けていません。