蒸留水は純粋な水 | その効果・効用とは?

蒸留水の3つの効果

  • デトックス効果
  • 美容効果
  • アンチエイジング

蒸留水には、上の3つの効果・効用が期待できます。それは、なぜなのか詳しく見ていきましょう。

 

蒸留水ってどんな水?

蒸留水には毒素ほとんど含まれていません。

蒸留水とは、水を沸騰させるときに出るす蒸気を冷却したものです。これは実験や傷口の洗浄などに使われたりします。

「水道水」や「ミネラルウォーター」にはホルムアルデヒドなどの有害物質が混入していることがあります。

しかし、蒸留水にすると放射性物質もほぼ取れます。そのほかにも「セシウム」なども沸点が668℃なので、沸騰させても蒸発せずに残りますので、蒸留水にはほとんど混ざらないので、とても安全です。

つまり、毒素をほとんど含まない純粋な水分のため体に取り入れると体を浄化してくれるというイメージです。

 

簡単な蒸留水の作り方

やかんに水道水をいれて弱火で沸騰状態を維持します。やかんの口にコップを逆さにセットして滴り落ちるしずくを下の水受けでためていきます。

 

<用意するもの>

  • やかん
  • 口の広いコップ
  • 水受け

自分で作る場合には、この方法が簡単なのでおすすめです。

図にすると下のような感じです。

蒸留水の作り方

 

蒸留水をもっと手軽に作るには

最近では蒸留水を作る、専用の電化製品も売っています。メガキャットという製品で水道水を入れてスイッチを押すだけで蒸留水ができるすぐれものです。

これだと殺菌作用もあるので、バクテリアやろ過性ウィルスなども取り除けるので安心です。ほぼすべての不純物が含まれていない蒸留水です。

コメントは受け付けていません。