ミネラルをたくさん含む温泉水の効果・効用とは?

温泉水は飲んでも、入っても効果が期待できます。

温泉水には、温泉に入ることで現れる効用と飲むことで現れる効用の2種類があります。

まず、温泉につかることの効用ですが、疲労のケアや美肌に効果的です。しかし温泉によって泉質がさまざまなので、効果もそれぞれ違います。

カルシウムが豊富な温泉ではリラックス効果がありますし、ナトリウムや炭酸水素塩はお腹の働きをサポートする効果があります。

では、飲み水としての温泉水にはどんな効果があるのでしょうか。

温泉水を飲むことを「飲泉法」と呼び、欧米ではポピュラーです。温泉に入るよりも飲む方が効果的ともいわれています。

 

温泉水を飲むと得られる効果・効用

  • 整腸作用
  • 美肌効果
  • 便秘改善
  • 生活習慣病予防
  • 高血圧改善
  • 免疫アップ

などさまざまです。

注意点は、飲みすぎると体に害があるということです。温泉水にはわずかですが体に有害な成分も含まれています。ヒ素・鉛・カドミウム・水銀などです。ですから、あまり飲みすぎには気を付けましょう。

 

温泉水に含まれる効果的な成分一覧

  • 有機ゲルマニウムやミネラル成分
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • リチウム
  • 炭酸水素イオン 

温泉水には、ミネラルがたくさん含まれています。

 

日本には温泉がたくさんあります。温泉とは天然水です。温泉水は他のミネラルウォーターと違ってミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。

 

コメントは受け付けていません。